ラベル:宗教

聖観音さま掛軸

毎年の各種法要には、御本堂内陣左右にいろいろな仏画の掛軸を掛けています。 今年か来年には、この掛軸を使用する予定です。 観音様の中では1面2臂で、多面多臂などの御尊像ではありません。基本的なお姿だと思います。

続きを読むread more

御本堂での神式の祭祀と巫女舞

昨日は天神社の月次祭(つきなみさい)でした。 今回は宮司に代わって、女性の神職さんにより祭祀が行われ、お仲間の巫女さんによる巫女舞が予定されていました。 小さな神社ですから、外で行うことが多く、取りやめになっても仕方がなすのですが、御本堂に天神さまをお祀りして行うことに致しました。 以前では、お寺や神社が合同での祭…

続きを読むread more

文殊菩薩と普賢菩薩の掛軸

先日の永代合同法要に使用した掛軸です。 本来は釈迦三尊として描かれたのかもしれません。 あるいはお釈迦様の像を祀るお寺で使用されたのでしょう。 普賢菩薩と文殊菩薩 かなり大きな掛軸ですので、どこかの寺院に伝わっていたのだと思います。 下は当寺の仏像を釈迦三尊に見立てた画像です。 永代合同法要の画像です…

続きを読むread more

涅槃会(ねはんえ)

昨日の15日は、涅槃会を行いました。 陰暦の2月15日はお釈迦様が入滅された日とされています。 涅槃図を掛けての法要は初めてです。 前々より寺に迎えたいと思っていた涅槃図を昨年思い切ってオークションで購入致しました。 以前、パンフレットで見た掛軸の価格では、とてもとても無理で諦めていました。 それより数…

続きを読むread more

お焚上げ

昨日の日曜日、妙見尊大祭の一環として、古いお札などのお焚上げの儀式が行われました。 私が住職として入山して数年後、祭典委員の方々から、お焚上げの依頼がありました。 それ以来、1月の最後の日曜日にお焚上げの儀式を行っています。 いつもはお焚上げが始まると、火の加減なのか強い北風に変わり、机を南側に移動させなが…

続きを読むread more

阿閦如来像 木像と懸仏

阿閦如来は七回忌の仏様として、お迎えしました。 五仏として重要な仏様ですが、実際に祀られている御尊像は珍しいようです。 東方の世界の仏様ですが、薬師如来が東方浄瑠璃世界(東方浄土)の教主とされていますので、重なる世界があります。 重要な仏様ですが、どうしてもお薬師さまの信仰が知られていますので、祀られ…

続きを読むread more

もっと見る