"仏像"の記事一覧

勝軍地蔵と愛宕権現曼荼羅2

京都の愛宕山は「伊勢へ七たび 熊野へ三たび 愛宕さんには月まいり」とまで言われていましたが、廃仏毀釈後は神社となり、お参りもぐっと減ったようです。こちらの図は愛宕権現(勝軍地蔵)の掛軸と愛宕権現曼荼羅です。 共にかつて愛宕権現を祀っていた寺院関連の掛軸と思います。廃仏毀釈で隠されたり、売られた掛軸かも知れません。 …

続きを読むread more

愛染明王様 掛軸

最近修復なった掛軸です。 もう一点同じ掛軸があるのですが、こちらの方が優れた画家さんが描かれていると思います。 お施餓鬼に御本堂に掛けることにいたしました。

続きを読むread more

聖観音さま掛軸

毎年の各種法要には、御本堂内陣左右にいろいろな仏画の掛軸を掛けています。 今年か来年には、この掛軸を使用する予定です。 観音様の中では1面2臂で、多面多臂などの御尊像ではありません。基本的なお姿だと思います。

続きを読むread more

文殊菩薩と普賢菩薩の掛軸

先日の永代合同法要に使用した掛軸です。 本来は釈迦三尊として描かれたのかもしれません。 あるいはお釈迦様の像を祀るお寺で使用されたのでしょう。 普賢菩薩と文殊菩薩 かなり大きな掛軸ですので、どこかの寺院に伝わっていたのだと思います。 下は当寺の仏像を釈迦三尊に見立てた画像です。 永代合同法要の画像です…

続きを読むread more

七福神図

当寺は七福神の札所です。 福禄寿様が祀られていますが、この図では左上に鶴に乗った福禄寿様が描かれています。 札所が開設されることに合わせて、昭和10年頃に飯能の画家に書いて頂いたと聞いています。

続きを読むread more