渡唐天神図-菅原道真公の掛軸

菅原道真公は遣唐使には選ばれましたが、唐に行くことはありませんでした。 渡唐天神図は鎌倉時代になってからの逸話から描かれた画像です。中国が栄となった時代の話しです。菅公が禅を学びに渡栄し、径山万寿寺にいた無準から法衣を授かったとされる逸話が生まれました。時代が違うのですから、実際に行ったわけではありません。 室町時代になるとたく…

続きを読むread more

永代納骨の御法事

本日は永代供養塔への納骨がありました。何年も自宅で祀っていたのですが、悪いことばかり続くのは、お骨を自宅に置きっぱなしにするからと言われたようです。それが原因ではないのですが、言われると気になり、親戚の葬儀で知り合った葬儀屋さんに相談したところ、円泉寺を紹介されて葬儀屋さんと来られました。 先ずは御本堂で供養を致します。 永代供…

続きを読むread more

お寺で葬儀

先日は寺院葬でした。当寺の御本堂での葬儀です。喪主さんの家は、台風被害のために家の前の橋が流され、自分での負担がかなりの金額になりそうです。ここに来るのも、その橋を渡るしかなかったのです。無理して渡ったのでしょう。そのようなわけで、あまり経費は掛けられません。ご遺体は当寺の霊安室でお預かりしていました。 元々低価格で行うための価格…

続きを読むread more

馬頭観音像

馬頭観音さまは、各地に石仏として祀られることが多く、江戸時代には多くの石仏が作られました。家族同様の大事な働きでだったからです。 今で言えば、トラクターやトラックのような存在でした。 当寺ではペット供養塔の御本尊さまとして、新たに祀りました。 ペット供養塔の脇近くには、石仏の馬頭観音さまも祀られています。憤怒相ではなく、風雨に…

続きを読むread more