真言宗智山派智積院、成田山、川崎大師、高尾山などのお姿掛軸

約一年を掛けて総本山智積院、関東三大本山などの古いお姿を手に入れることが出来ました。 やあ、大変でした。 最初はご本山・智積院のお不動様を発見したのが始まりです。 総本山 智積院 すると幾つか他の有名なお寺も見つかり、手に入れることが出来ました。 かなり無理してお迎えした御尊像(高額でした)もあります。 …

続きを読むread more

夕焼けがきれいでした。

外を見ると夕焼けでした。 慌ててカメラを撮り出し、蚊に喰われながら撮影しました。 もっと早く気がつけば、色々な変化を捉えることが出来たでしょう。 鳥も飛んでいたのですが、シャッターを押したときには、すでにいなくなっていました。 結構暗くなっていましたので、ここまで撮れれば満足です。

続きを読むread more

平安時代は吉祥天と同じ姿の妙見菩薩が!

妙見菩薩を色々調べていますが、本当にそうなのと思うことがあります。 平安時代の恵什の「図像抄」に京都北山・霊巌寺(廃寺)の妙見像は等身大で、左手は宝珠を持ち胸のあたりで支える。右手は与願印で、吉祥天に同じとある。 -日本の美術『妙見菩薩と星曼荼羅』林温著より-  羽黒の荒沢寺正善院にある元羽黒山五重塔にあった懸…

続きを読むread more

星福寺の衣襲明神(馬鳴菩薩・お蚕の神さま)-茨城県神栖市

あるとき当寺と同じ真言宗智山派の御本尊などの古いお姿(掛軸)を見つけました。 その時より、智山派寺院のお姿も集めるようになりました。 養蚕神1 衣襲明神(きぬがさみょうじん) 星福寺は江戸時代には蚕霊尊があり、この像が各地に巡行されていたそうです。 この掛け軸の桑を持った衣襲明神が蚕霊尊なのでしょう。 滝…

続きを読むread more