椨(たぶ)の緑の実。温暖化でタブノキが自然とたくさん生えてくるようになりました。

椨(たぶ)の緑の実がたくさん落ちています。 熟すると青くなり、アボガドのような味がするそうですが、食べたことはありません。           近年は温暖化のためでしょう、境内に何十本ものタブの木が生えてきます。 近在でも鳥が実を運ぶためか、大きくなった木を見…

続きを読むread more

菩提樹の小さな実、あじさい、くちなし、ざくろの花

前は菩提樹の花でしたが、今は小さな実がなっています。12月末になると北風に運ばれて、境内のあちこちに運ばれていきます。     風に運ばれる菩提樹の実 12月・1月 この実から境内のあちこちに芽を出します。   20日ころは木の下が落花で黄色くなるのですが、旅行中に大雨で一気に散…

続きを読むread more